Menu

歯列矯正体験談 –Voice−

一度しかない人生を後悔したくない

S.Kさん 19歳

→
→

治療を受けようとおもった理由は(ご本人様)

私が矯正をしようと決断したのは一度しかない人生を後悔したくないと思ったからです。
矯正はなかなかお金がかかるため、家族にも負担をかけることになります。私も最初は家族に遠慮して、矯正がしたいとなかなか言い出せませんでした。しかし、一度きりの人生、歯並びを気にして過ごすのはもったいないと思ったので、思い切って家族に相談しました。家族は私の予想に反して、快く矯正に賛成してくれ、本当に言ってよかったです。もし、歯並びを気にしているなら、後悔しないように一歩踏み出してほしいです。

治療中大変だったことは(ご本人様)

私が矯正を始めて約3年ほどたちました。今はリテーナーという装置をつけています。
矯正は始める前に思っていた以上にめんどうなものでした。装置をつけた当初は歯が痛いし、口の中に異物がある感じにすごく戸惑いました。装置に慣れてきても、今まででは考えられないような大きな食べ物が歯の間につまったり、滑舌が悪くなったり、いろいろと苦労がたえません。やっと装置が外れてもリテーナーをつけて歯が動かないよう固定しなければならないのですが、リテーナーは食事の前にいちいちはずし、食事が終わればまた、いちいちつけなければならないのです。

治療を受けて良かったことは(ご本人様)

ここまで散々、矯正の不満ばかり書いてきましたが、実は矯正をしなければよかったと思ったことはありません。
治療が進んでいくと自分の歯並びに明らかに変化がみられるからです。以前とは違う、どんどん綺麗になっていく自分の歯並びを見ていると嬉しいですし、多少の嫌なことは我慢できます。
周りの人が「歯並びきれいだね」と言ってくれることもモチベーションアップになりました。