M.Sさん

上下の中央がずれた上顎前突でしたがキレイに整えることができました

これから治療を受ける方へのアドバイス
(ご本人様)

私は小さいころから上の前歯がとても出ていて、唇がしっかりとじないほどでした。私は小3の時に矯正をはじめて、小5のときにブラスバンドクラブにはいりました。そこではチューバという低音楽器をやっていて、その時はリテーナーをしていました。リテーナーをつけはじめのころは、慣れていなくて少し違和感があったけれど、慣れたら何ともなくて、むしろリテーナーをつけずに練習すると変な感じがします。中学生になるとバスクラリネット、高校生になるとクラリネットという楽器をやりはじめました。小学生のときにやっていたような金管楽器は、マウスピースに口をあてて吹けば音がなったけれども、中・高とやっていたクラリネットはマウスピースを少しくわえて吹く楽器だったので、「また前歯が出てくるかもしれない」と言われました。けれども実際にやってみると、リテーナーをつけていても、矯正装置をつけていても、慣れてしまえば特に支障はなく、前歯が出てくることもありませんでした。

 また、私の友達も矯正しながら吹奏楽部に入っている人が何人かいますが、みんな何の問題もなく練習しています。(そして、去年その友達2人と一緒にコンクールに出て、金賞やきらめき賞をもらいました。)

矯正治療には以下のようなリスクがあります。

  • ・歯の移動を行う際の痛みが生ずる場合がある。
  • ・ブラッシングが十分行わなかった場合に虫歯ができることがある。
  • ・歯の移動を行うと極めて希に根の吸収が起こることがある。
  • ・矯正用ゴムを指示通り使用しないと計画している歯の動きが得られないことがある。
  • ・装置が粘膜を刺激することで口内炎が起こることがある。
  • ・歯の裏側の装置の場合、装着後数日は発音障害が出ることがある。