Y.Yさん

裏側からの目立たない装置で治療し、キレイな歯並びになりました

私が子供の頃は、今ほど矯正治療を受けている子供は多くなく、歯並びが悪くてもそのままの状態が普通でした。乱杭歯だった私は、自分の歯並びを気にはしていましたが、前面に見える装置がイヤで(今よりブラケットも目立っていたと思います)治療することもなく、コンプレックスを抱えたまま大人になりました。

治療を受けようとおもった理由は
(ご本人様)

歯並びが悪いことで、見た目が良くないだけでなく、歯みがきが行き届かないせいで、歯ぐきの炎症をたびたび起こしていました。ある日、リビングに掲載された堀井先生の記事を読み、大人になってからでもできること、裏側の装置も進歩していることを知り、カウンセリングに伺いました。
そこで納得いくまで話を伺い、また先生やスタッフの方の印象がとても良かったので安心して治療を始めることが出来ました。

治療中大変だったことは
(ご本人様)

治療中は、たまに口内炎ができたり、食べ物が装置にからまったり大変なこともありましたが、魔法のように歯が動いていくのがうれしくて毎月の通院が楽しみでした。

治療を受けて良かったことは
(ご本人様)

治療期間も、最初の先生の見積もり通り、2年半足らずで終了し、今はリテーナー装着中です。
歯並びがキレイになったことに加え、歯が引っ込んだことで、横顔の輪郭も以前より整い大変うれしく思っています。

これから治療を受ける方へのアドバイス
(ご本人様)

これから治療を受けられる方へのアドバイスがあるとすれば、やはり先生やスタッフの方のおっしゃることをきちんと実行することが、キレイな歯並びへの近道だと思います。
最後に堀井先生、スタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

矯正治療には以下のようなリスクがあります。

  • ・歯の移動を行う際の痛みが生ずる場合がある。
  • ・ブラッシングが十分行わなかった場合に虫歯ができることがある。
  • ・歯の移動を行うと極めて希に根の吸収が起こることがある。
  • ・矯正用ゴムを指示通り使用しないと計画している歯の動きが得られないことがある。
  • ・装置が粘膜を刺激することで口内炎が起こることがある。
  • ・歯の裏側の装置の場合、装着後数日は発音障害が出ることがある。