Menu

歯列矯正体験談 –Voice−

歯を見せて笑えるようになりました

E・Kさん 20歳

側切歯の口蓋側転位(2番目の歯が内側に生えている)及び犬歯の唇側転位(八重歯)を伴う叢生(でこぼこ)のケース。就職活動を控えており、目立たない装置と出来るだけ短い治療期間を希望されました。歯列から外れていた上顎左右側側切歯と下顎左右側犬歯を抜歯し、叢生の早期改善を図り、上顎は舌側(裏側)マルチブラケット装置を使用しました。動的治療期間は1年3ヶ月間でした。

→
→

元々遺伝で歯並びが悪く、なるべく歯を出して笑わないようにしていました。治療中は歯が少し痛かったり、口の中に違和感を感じたりしましたが、時間が経つと慣れて徐々に歯が動いていくのを見るのが楽しくなりました。

治療を受けて良かったことは(ご本人様)

装置のメンテナンスに行った時も、丁寧に優しく対応して頂けて心強かったし、おかげで定期的に頑張って通えるようになりました。その成果もあって当初予想していた以上にずっと早く装置を外せる日が来てとても嬉しかったです。

最初は成人式も控えているので上の歯は裏側からしてもらいましたが、まさか成人式、さらには前撮りまでに間にあうとは思いませんでした。今では、歯並びを気にすることなく思いっきり笑えるようになり、とても感謝しています。ありがとうございました。