40代、50代の矯正治療とは

以前は、歯科矯正治療というと歯の表面につけた装置を使用していましたので、子供のものという印象を持たれている方も多いと思います。しかし、当院でも、近年、歯並びの重要性を感じ矯正治療を希望される40代、50代、60代の患者さんが多く来院されます。

  • 『歯並びが年々悪くなってきた。』
  • 『歯周病で歯の間にすき間ができ、歯周病の治療はしたけれど歯並びが気になる。』
  • 『昔から歯並びが悪かったけれど治療する時間とお金がなかった。』

などといった方がご相談にいらっしゃいます。

近年、増えている理由とは?

いくら目立ちにくい白い装置を使うとはいえ、歯の表側に装置をつけるのはちょっと・・・という方がほとんどです。

そういった方の不安が解決されていることが、近年、40代、50代、60代の方が矯正治療を始める大きな理由です。

多くが希望される『見えない装置』とは?

ほりい矯正歯科クリニックでは『歯の舌側からの矯正装置』やマウスピース型カスタムメイド矯正装置である『マウスピース型矯正装置(インビザライン)(薬機法対象外)』を使用される40代以降の患者さんが多くいらっしゃいます。

舌側矯正(リンガルブラケット)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)を用いた矯正

舌側矯正とマウスピースによる矯正の違いは何か?

装置にはそれぞれ特性があり、不正咬合の種類や、目標とするかみ合わせ、患者さんの希望によってお勧めする装置が異なります。

出っ張っている前歯を後退させ口元の出っ張りを改善したいと考えている場合は、

小臼歯等を抜歯し前歯を大きく後退させる方法を取ります。このためにはマウスピース型矯正装置(インビザライン)などのマウスピース型装置(薬機法対象外)も使用できますが、歯の舌側に装着するマルチブラケット装置を使用した方が効果が高く目的を達成しやすくなります。

小臼歯を抜歯して治療することが必要な著しい叢生(歯が重なり合っている状態)の場合も同様です。

一方、奥歯を後方に移動するにはマルチブラケット装置よりマウスピース型の装置が行いやすいです。すなわち、出っ張った口元の著しい後退は出来ないものの、中等度までの前歯の前突や中等度までの歯の重なり、手術を伴わない受け口など、症例によっては前歯の角度、口元の状態が現状維持程度での良ければマルチブラケット装置よりマウスピース型の装置の方が行いやすい場合もあります。

「いまさら口元が出っ張っているかどうかは気にならない。それより歯並びををよくして歯のブラッシングなど手入れをしやすいようにしたい。」という40代以上の患者さんにはおすすめの治療法です。

このような40代以降の方は特にマウスピース型装置がおススメ

また、奥歯を後方に移動しやすい以外にも40代以降の患者さんにマウスピース型の装置をおすすめする理由が2つあります。

まず第一に、年齢とともにすでに虫歯などの治療をしてある歯が多くなるため、このような歯や修復物を少し削るIPRという処置が行いやすい点が挙げられます。修復歯だけでなく、治療をしていない歯も若いころと比較すると歯の中の神経が細くなり痛みを感じにくくなる点も40代以降の患者さんには有利な点です。歯の重なりや少しの出っ歯であればこの少しの削除を行ったスペースを利用して歯の移動が行えます。

また、IPRを行うメリットとしてさらに、重なり合っていた前歯の移動を行った際に歯ぐき近くに三角形の隙間が出来る「ブラックトライアングル」を解消する効果が期待できます。

第二には、特にマウスピース型の装置は装着時間が治療の成否を分けるということ。すなわち自ら治療をしたいと希望し高いハードルを越えてこられた方であれば、「絶対直したい!」と考えマウスピースの装着をしっかりと行っていただける割合が上がります。

もちろん出っ張っている口元を引っ込めたいと考える40代以降の方も当院には多くご来院されますので、歯の舌側からの矯正装置を使用する方も多くいらっしゃいます。

40~60代の方の症例紹介(舌側矯正&マウスピースによる矯正)

CASE:01舌側矯正

【48歳女性】

主訴:上顎前歯の前突
小臼歯抜歯
使用装置:上下顎舌側マルチブラケット装置
動的治療期間:2年1か月
治療費の目安:125万円程度

治療前
治療後

CASE:02マウスピース型装置

【52歳女性】

主訴:上下顎前歯の前突と叢生
動的治療期間:1年6か月間
カスタムメイドマウスピース型矯正装置
治療費の目安:95万円程度

考えられるリスク

  • ・マルチブラケット装置と同様
治療前
治療後