Menu

3D 光学口腔内スキャナー(iTero)

3D 光学口腔内スキャナー(iTero)とは

昨今のデジタル技術の発展により、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)による矯正治療を行う場合の型取りが口腔内スキャナーに置き換わりつつあります。当院でも口腔内スキャナーとしてアラインテクノロジー社の iTero(アイテロ)を導入しています。

光学口腔内スキャナー(iTero)

今までは…

従来、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)を作成するには、シリコン印象材を使用し歯の型取りを行い、この歯型を海外にあるアラインテクノロジー社の製造工場へ送って矯正装置を作成していました。

しかし、この工場の製造ラインでは送られてきた歯型をスキャニングしてデジタル化し、このデジタルデータを基に3Dの歯型を作成しなおしてマウスピースを作成していました。つまり、歯の型取りというアナログをデジタルデータに変換してマウスピースを作るようにしていたわけです。

また、以前は口腔内スキャナーの技術も低く、口腔内に粉末を塗布してスキャニングしやすくする前処置が必要で、口の中が粉だらけになってしまっていました。

iTeroによる患者さんのメリット

これらの問題点が技術の発展により解決され、口腔内のスキャニングも粉末が不要になりました。口腔内スキャニングしたデジタルデータをインターネットを介して製造工場へ送ることで輸送の時間的ロスやコストが削減され、また口腔内を直接スキャニングすることでマウスピースの製造精度が高めることができるようになってきました。

従って、以前より治療を早めに開始することができるようになり、適合の良いマウスピースが製造できるようになったので治療の正確性がより増しています。

さらに、他の口腔内スキャナーにない iTero のメリットとしてアウトカムシュミレーターという機能を有していることがあります。この機能を使用することで初診相談後の検査時など早い段階で治療後に予想される歯並びをシュミレーションすることができ、患者さんにもこれを確認していただくことができるようになっています。