Menu

表側の矯正 –Labial−

表側の矯正(マルチブラケット)

数ある矯正治療の中で、もっともオーソドックスな治療です。最近では、矯正治療をしていることがわかりにくくするための目立ちにくい装置など、バリエーションも豊富になっています。

マルチブラケット

表側矯正のメリットとデメリット

メリット

  • 歯をコントロールする力に優れているため、比較的精度の高い治療が可能です。
  • 装置をつけたときの違和感や話しにくさなどが少ない治療です。
  • 比較的幅広い患者様に対応している治療です。

デメリット

  • 歯の表側に装置をつけるため、他の矯正治療に比べて目立ちやすいです。

治療の流れ

step1

奥歯にゴム(セパレーティングモジュール)を入れて、隙間を作る。

step2

奥歯に金属の輪(バンド)を装着します。

step3

それぞれの歯にワイヤーを固定するための装置を接着し、上あご全体にワイヤーを装着します。

step4

上あご、下あごそれぞれに装置の装着が完了したら、4~6週間に1回のペースで通院していただき、歯の動きに合わせてワイヤーを調整していきます。(治療期間は早い場合で1年前後、通常2年~2年半程度です。)

step5

歯並びがキレイに整ったら、保定装置という取り外し可能な、歯並びの後戻りを防ぐ装置を2年程度つけていただきます。