Menu

セラミック矯正 –Ceramic orthodontic−

セラミック矯正とは

最近、テレビCMで『セラミック矯正』という言葉をよく耳にします。
極めて短期間でできる、中には数日で治療が完了するとうたっているものが多いようです。実はこれは一般的な歯科矯正とは異なり、大きく虫歯になってしまった歯に行われるものです。歯を削って綺麗に並ぶように作られたセラミック製のクラウン(歯のかぶせもの)をかぶせてしまう専門的には補綴(ほてつ)といわれる治療です。

補綴(ほてつ)とは

歯科治療における補綴とは、歯が欠けたり、なくなった場合にクラウンや入れ歯などの人工物で補うことをいいます。
補綴治療をするということは、ご自身の歯は大半が削れられてしまいます。

治療前
▲ 治療前 前歯の歯並びが悪い状態

治療中
▲ 治療箇所の歯を部分的に削り、クラウンをかぶせます。

治療後
▲ 治療後

一方、一般的な歯科矯正治療では歯を抜く必要があるケースを除き、ある程度の時間はかかりますが基本的にはご自身の歯はそのまま残して治療を行います。
患者さんがどのような治療を求められるかにより最善の治療は異なると思いますが、歯を大切にされるようであれば一般的な歯科矯正治療を選択されることをお勧めします。