Menu

裏側矯正 –Lingual−

裏側矯正(リンガルブラケット)

裏側矯正とは、文字通り歯の裏側に装置をつけて行う矯正治療です。裏側に装置をつけるため、周りの人に気づかれずに矯正治療を行うことができます。

裏側矯正(リンガルブラケット)

裏側矯正のメリットとデメリット

メリット

  • 周囲の方に気づかれずに矯正治療をすることが可能です。
  • 上あごのみ裏側、下あごは表側に装置を装着することも可能です。その場合、目立たず・上下裏側で治療を行うより、費用を抑えての治療が可能です。
  • 表側に装置をつけて行う治療と、治療期間はほぼ同じです。

デメリット

  • 表面の矯正治療に比べて、費用は高くなります。
  • 裏側に装置をつけるため、口の中の違和感や話しにくさが1カ月程度ある方もいらっしゃいます。

裏側矯正(リンガルブラケット)

治療の流れ

step1

奥歯にゴム(セパレーティングモジュール)を入れて、隙間を作る。

step2

型取りを行い作った歯の模型をもとに、技工所にて歯に装着する装置を作成します。

step3

奥歯に金属の輪(バンド)を装着します。

step4

それぞれの歯にワイヤーを固定するための装置を接着し、上あご全体にワイヤーを装着します。

step5

上あご、下あごそれぞれに装置の装着が完了したら、月に1回のペースで通院していただき、歯の動きに合わせてワイヤーを調整していきます。(治療期間は早い場合で1年前後、通常2年~2年半程度です。)

step6

歯並びがキレイに整ったら、保定装置という取り外し可能な、歯並びの後戻りを防ぐ装置を2年程度つけていただきます。

当院では、極小の裏側装置を採用。治療中の違和感が少ないです。

裏側の装置は装着当初、舌感が悪く、話にくい、舌が痛いなどの不快症状が出る場合があります。当院では主にクリッピーLやSTbブラケットを使用しこれらの不快症状が出にくいよう配慮しています。クリッピーLやSTbブラケットは従来使用されていたブラケットと比較すると大きさがかなり小さいブラケットです。(症例によって従来型のブラケットを使用する場合があります。)

表側矯正よりも裏側矯正の方が「治療期間が短くなること」も当院なら可能

裏側の治療では、特に、歯科医師や歯科衛生士が多くの裏側での治療に携わり、どれだけ慣れているかも治療成績を左右する要素です。ほりい矯正歯科クリニックでは多くの裏側の治療を手掛けており、歯科衛生士も充分訓練されています。さらに、裏側の治療の場合、治療時間を充分取るようにしているため、一般的には長くなりがちな治療期間も同様のケースで、表側で行う期間と変わらないか、ケースによっては数ヶ月程度早くなる場合もあります。

裏側矯正は出っ歯の方には特におススメ。きれいなEラインへ。

裏側の装置は矯正力がかかる場所が歯の内側になるため、特に前歯を後退させるのには表側の装置と比較し有利に働きます。さらに、特に上の歯が出ている上顎前突では、裏側の装置と矯正用インプラントを併用することによって、前歯の後退量を大きく出来るため、歯が前方に出ていて口元が出っ張っている状態を大きく改善することが出来る可能性が高いです。

裏側矯正による出っ歯の方の治療例

治療前 → 治療後
治療前   治療後

裏側矯正によるEラインの変化①

治療前 → 治療後
治療前   治療後

裏側矯正によるEラインの変化②

治療前 → 治療後
治療前   治療後

治療中に歯抜けの状態は避けたいものですね

抜歯をして裏側矯正を行う場合、抜歯を行った場所が『歯抜け』の状態です。審美性が良くないため、ほりい矯正歯科クリニックでは仮歯(ダミー)を装着して歯があるように見せ、矯正治療を行っていることを気づかれにくくすることが出来ます。


『歯抜け』の状態


仮歯(ダミー)を装着

2017年 最新の裏側矯正ALIASアリアスを導入

ALIASアリアスは、これまでのブラケットと全く違うコンセプトで作られたブラケットです。

ALIASアリアスの独自性は、ワイヤーを通すスロットの断面が正方形であることです。(下図右側)

従来の矯正用ブラケットでは、ワイヤーを通すスロットという部分の断面が長方形でした(下図左側)。裏側矯正で用いられるSTbブラケットやClippyLブラケットも、横長の長方形、縦長のものも含めスロットが1か所のみで、しかも、正方形のものはこれまで開発されたことがありません。

従来の横長のスロットのブラケットでは、断面が横長のワイヤーを使用することでブラケットの特性を最大限に発揮することが出来ますが、重度の叢生が多い日本人の治療では、治療初期でこういったワイヤーを使用することは極めて困難で、治療の初期に使用する細いワイヤー、特に、断面が丸形になっているワイヤーを長方形のスロットのブラケットで使用すると歯のコントロール性能が悪く、これを補うため様々な工夫や、付加物が必要でした。さらに、治療がある程度進んだ後のワイヤーの調節性についても、断面が長方形のものではあまり良いとはいえませんでした。

これらの問題を解決したのが、Dr.竹元が開発したALIASアリアスです。治療すべての段階における歯のコントロ-ル性が向上するとともに、ワイヤ―の着脱、ワイヤー調整の容易性がこれまでのブラケットの課題であったことが解決されています。

また、ALIASアリアスは、セルフライゲーションシステムを採用し、ブラケットとワイヤー間に生ずる摩擦を極力減らし、歯の移動がスムースになっています。

ALIASアリアスはセルフライゲーションシステムを採用
結紮と呼ばれる処置が不用

治療のコンセプトとしてのストレートワイヤー化も大きなメリットです。一部の症例を除き、多くの症例でなワイヤーのベンドが不要となり、舌側矯正の最大の弱点である舌感、話しにくさの解決に大いに役立っています。

ワイヤーをベンドしている状態

ワイヤーをベンドしていない(ALIASアリアス)