Menu

マウスピース矯正 –Invisalign−

マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正(インビザライン;マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)は、付け外しが可能なマウスピース型の矯正治療です。仕事の都合や、周囲に気づかれずに矯正治療をしたいという方で、装置を付け外しされたい方には、最適な治療です。

マウスピース矯正

シュミレーションソフトによる綿密な治療計画&治療後の歯並びが事前に確認できる

ほりい矯正歯科クリニックでは裏側矯正に加えマウスピース矯正として『インビザライン』を採用しています。歯を少しづつ動かすようにマウスピースをはめ替えてゆきます。インビザラインの特徴は他のマウスピース矯正と比較し歯の動きがあらかじめシュミレーションされているという点です。歯の型取りを行いこの型をスキャニングすることでデジタルデータ化し、クリンチェックというシュミレーションソフトで歯の動きをシュミレーションします。歯の動きは1ステップ最大0.25㎜でと決まっているため、マウスピースの枚数により期間が違います。また、『インビザライン』はアタッチメントといった歯に接着する出っ張りを設定することで歯の動きをできるだけ精密に行うように設計されています。また、歯を動かすことは裏側矯正と同様なので矯正用ゴムを使用したりすることもあります。

インビザラインは歯を抜かずに歯並びをキレイにする可能性を上げる

永久歯の抜歯を行う必要があるケースにも対応が可能な点も他のマウスピース矯正より優れている点であると考えられます。

マウスピース矯正は歯科医師の技量により差が出る

ワイヤーによる矯正治療と同様に歯の動かし方の設定、治療方針は歯科医師により異なり、経験が重要になります。どの医院でも同じということはありません。
さらに、マウスピース矯正はどのようなケースにも対応できるわけではありません。マウスピース矯正に向いているケース、不向きなケースがありますので多くのケースを経験していることが必要です。特に抜歯を行うケースは歯の動きのステップをきちんと設定しておかないと、マウスピースの不適合が出やすく、装着状態が悪いと早い段階で以降のマウスピースを作り直す必要が出てくるので注意が必要です。

こんな方におすすめの治療です。

  • 取り外し可能の装置で治療をしたい方
  • 周りに気づかれず治療をしたい方

出っ歯の方は、歯の裏側矯正がおススメ

また、口元が突出し口元の形の改善のため、前歯を大きく後退させたいケースなどはマウスピース矯正より裏側矯正で行った方が良い結果が得られることもあります。このように、多くのケースを経験し、それぞれの装置の特性を充分理解し、使い分けることで患者さんの希望に沿った歯ならび、かみ合わせとすることが可能になります。

裏側矯正については、こちらよりご確認ください

マウスピース矯正のメリットとデメリット

メリット

  • 歯磨きも通常通り行って頂けますし、装置も洗浄できるので大変衛生的に保って頂けます。
  • 矯正装置が透明なので、付けていても目立ちません。
  • 今まで、金属アレルギーが原因で矯正治療をあきらめていた方でも安心して治療を受けられる。

デメリット

  • 装着時間が短いと充分な効果が得られないことがあります。

マウスピース矯正

マウスピース矯正

ほりい矯正歯科のマウスピース矯正のこだわりポイント

  • 矯正用のマウスピースを作製する会社と、治療シュミレーションについて数回打ち合わせを行い、専門的に見て必ず納得がいくマウスピースを作り上げます。
  • シュミレーションをもとに歯の動き方をご説明し、患者様に納得していただいた段階で、初めてマウスピースの作製を行います。

治療の流れ

step1

歯型をシリコン印象剤という専用の材料を使用してとります。

step2

歯型をアメリカのアラインテクノロジー社に郵送し、一人ひとりの患者様のオーダーメイドの装置の作成を依頼します。

step3

アラインテクノロジー社にて、型をもとに、歯の動きのシュミレーションを作成してもらいます。

step4

アラインテクノロジー社が作成したシュミレーションをドクターが確認し、数回修正・調整の指示を出します。

step5

納得の行くシュミレーションが完成した時点で患者様に来院していただき、シュミレーションをもとにご説明させていただきます。患者様がシュミレーション内容に納得していただけた段階で、マウスピースの作成を開始します。

step6

定期的に(4~6週間に1回)通院していただきながら、歯の動きに合ったマウスピースに順次交換していきます。(治療期間の目安は約2年間です。)