Menu

子どもの受け口(ムーシールド)–Muhshield−

ムーシールドとは

ムーシールドは、幼少期(3歳ごろ)からはじめることのできる矯正治療で、おもに受け口(反対咬合)の治療の際に用います。
マウスピース型の矯正装置を使用して、かみ合わせを治していきます。就寝中にくわえるだけで、日中はつけている必要はありませんので、小さいお子様に対しても負担が小さい治療を行うことが可能です。多くは数カ月から1年程度で受け口が改善されます。
(受け口が治った後も、継続して装置を使って頂き、後戻り防止のため、その後、半年間程度は使って頂きます。)

ムーシールド

ムーシールドのメリットとデメリット

メリット

就寝中のみ装着していただくことで、無理なく矯正治療(受け口の治療)を行っていただくことができます。また、幼少期からの治療が可能です。

デメリット

永久歯への生え替わりが進むと、効果が少なくなることがあります。

ほりい矯正歯科のムーシールド

こだわりその1

精密検査の結果をもとに、ムーシールドは必ずカスタムメイドします。

こだわりその2

実際の装置を使用して、ご家庭での使用方法とスムーズに使用していただくコツをご説明します。

ムーシールド

治療の流れ

step1

精密検査(レントゲン写真の撮影、歯形、口の中の写真の撮影など)を行います。

step2

精密検査で作成したお口の中の型をもとに、装置の調整を行います。

step3

実際の装置をもとに、ご家庭での使い方とそのコツをご説明いたします。

step4

装置の使用中は定期的に来院していただき、治療の経過観察を行います。また、治療が終了した後も、症状の後戻りを防ぐために、一定期間はムーシールドの使用を継続していただきます。