H.Hさん 21歳

コンプレックスが解消されました

歯並びが悪いのがコンプレックスだったので、大学入学を機に治療を受けることにしました。初めて矯正装置を着けてから1週間程度硬い食べ物が噛みにくく違和感がありましたが、思っていたよりも速く装置に慣れることができ、よかったです。それ以降、私の場合、想像していたよりも、装置をつけている生活は苦ではありませんでした。

治療中大変だったことは
(ご本人様)

治療中、一番大変だったことは、埋伏した親知らずの抜歯でした。手術の方法の説明を聞き、入院も必要とのことで、不安が大きかったのですが、堀井先生に親知らず手術のベテランの先生を紹介して頂け、手術経過も順調に行き、抜糸までスムーズに終えることができました。

治療を受けて良かったことは
(ご本人様)

装置がとれ、歯並びが良くなったことで、歯が重なり合っていた治療前よりも、歯磨き楽になったこともうれしいです。

これから治療を受ける方へのアドバイス
(ご本人様)

歯科矯正というと、「大変そう」「辛そう」と考えがちですが、私の場合、実際それほど辛い思いをせずにすみました。あまりまめなタイプでない私でしたが、先生と歯科衛生士の方々の心強いサポートのおかげで、こうして矯正装置がはずれ、リテーナー治療にまで行くことができました。

矯正治療には以下のようなリスクがあります。

  • ・歯の移動を行う際の痛みが生ずる場合がある。
  • ・ブラッシングが十分行わなかった場合に虫歯ができることがある。
  • ・歯の移動を行うと極めて希に根の吸収が起こることがある。
  • ・矯正用ゴムを指示通り使用しないと計画している歯の動きが得られないことがある。
  • ・装置が粘膜を刺激することで口内炎が起こることがある。
  • ・歯の裏側の装置の場合、装着後数日は発音障害が出ることがある。