Menu

歯列矯正体験談 –Voice−

二人三脚で治療に取り組めて、本当に良かったです

M・Hさん 14歳

骨格性上顎前突のケ-ス。上あごの前歯は約8㎜前突していた。下あごの前歯も全体的に前方へ傾斜し生えていた。顎外固定装置を先行して使用し、第一大臼歯を適正な位置へ移動した後、上下顎にマルチブラケット装置を使用した。小臼歯抜歯を行っていただいたため、前歯の十分な後退ができ、出っ張っていた口元の形態が改善し、口唇を閉じられるようになった。動的治療期間は2年3か月間であった。

→
→

私が矯正をするきっかけとなったのは学校の歯科検診で矯正をするように言われたということなのですが、初めは痛いのではないかとか、怖い先生だったら嫌だなと感じていました。しかし、明るく優しい先生方ばかりで思っていたよりも楽しく治療を受けられました。

私が治療を受けて良かったなと感じたのは周りの人から「きれいになったね」など声をかけてもらえたときです。楽しいといっても矯正はやはり長い時間がかかるものなので「めんどくさいな」とか「疲れたな」と思っていたこともあるので褒められるという事は一番の喜びであり、治療を続けてきて良かったと思える瞬間でした。

また、矯正が終わった時に自分の担当でない先生方も「おめでとう」とたくさん声をかけて下さって、ほりい矯正歯科クリニックさんにお世話になれて良かったなと心から思いました。

矯正を受ける前と後で変わった事は、治療後に学校で自分のクラスの中にこんなに矯正している人、していた人がいるのだなと気が付いたことです。矯正前は気にしていなかったし、他人事だと考えていたのですが、いざ自分がとなったときにすでに矯正している仲間がいると気付けたことによって安心できたし、視野も広がったと思います。そして治療後は前よりも大きく笑って写真に写ることができるようになったのも大きかったです。コンプレックスが一つ減って外面的にも気持ち的にも良くなったのではないかと思います。

これから治療を受ける方には、心配されている方も多いと思うのですが、結果的に私は治療を受けて悪くなったこと、治療を受けなければ良かったと思ったことはないので、先生方の説明やおもしろい話にも耳を傾けて分からないことはどんどん聞いていってほしいと思います。

私はほりい矯正歯科クリニックさんと二人三脚で矯正に取り組めて本当に良かったです。