K.Tさん 17歳

検診で歯の矯正をすすめられました

治療を受けようとおもった理由は
(ご本人様)

僕は、小学校の頃から歯並びが悪かったのですが、特に気にしていませんでした。気にしていると言えば、歯の間に食べ物が挟まるというくらいでした。だから、そのままにしていたのですが、歯科検診で歯の矯正を勧められました。最初は、お金も高くて、そんなに不便でなかったので進んでしようとは思いませんでした。でも、これから生きていく中でずっと歯に食べ物が挟まるのに悩まされるのも嫌だし、歯並びが良くなると噛み合わせも良くなるのでこれを機にしてみようと思いました。

治療中大変だったことは
(ご本人様)

いざ始めてみると、歯が移動するので、痛い事がありました。でも、この痛い期間を乗り越えたら歯並びの良い生活が出来ると思って耐えました。矯正装置をつけている時は、食べ物が良く挟まり、虫歯になる可能性があるので歯磨きを一生懸命頑張りました。学校や部活で忙しくても、学校の帰りや、休みの日をうまく利用して通いました。以前までは、歯磨きを適当にしていたのですが、矯正装置をつけて、丁寧に磨くようになり意識も変わりました。

治療を受けて良かったことは
(ご本人様)

治療の途中、写真を撮って最初に来た頃の歯と比べて良くなっているのが分かり嬉しかったです。日に日に良くなっていっているので、歯並びが綺麗になるのが楽しみでした。そして、矯正装置を外して、リテーナーになる日がきました。長かったようであっという間で、矯正装置を外した瞬間はとても嬉しかったです。以前の歯並びを忘れてしまうくらいでした。でもまだ治療は終わってないので最後まできっちりしたいです。

これから治療を受ける方へのアドバイス
(ご本人様)

歯の矯正を始めるには、お金も根気も必要になると思いますが、終わった後の生活、喜びなどを考えると矯正をしてもいいと思います。ぜひ、歯並びを良くしたいと強く思っている人がいるなら、してみて下さい。

矯正治療には以下のようなリスクがあります。

  • ・歯の移動を行う際の痛みが生ずる場合がある。
  • ・ブラッシングが十分行わなかった場合に虫歯ができることがある。
  • ・歯の移動を行うと極めて希に根の吸収が起こることがある。
  • ・矯正用ゴムを指示通り使用しないと計画している歯の動きが得られないことがある。
  • ・装置が粘膜を刺激することで口内炎が起こることがある。
  • ・歯の裏側の装置の場合、装着後数日は発音障害が出ることがある。