草津市在住 女性 M.Fさん 22歳

留学をきっかけに矯正治療を始めました

正中の不一致を伴う下顎前突のケース。下顎左側智歯(親知らず)のみ抜歯を行なって頂き、上下顎唇側(表側)マルチブラケット装置を使用しました。矯正用ゴムをしっかりと使用して頂いたことで正中の一致と下顎前歯の後退を進め、前歯を咬み合わせることが出来ました。

 

動的治療期間は1年1ヶ月間

治療を受けての感想

小学生の頃から学校の歯科検診で不正咬合と言われ続けていたのですが、矯正をしていた友達がとても痛がっていたため、自分が矯正をする踏ん切りがつかないままでした。

大学入学後、留学生活を経験した際に、発音がしにくいこと、物が噛み切りづらいこと、他の国の留学生達の歯並びがとても綺麗なことなどから再度矯正することを意識し始めて、帰国してすぐにカウンセリングを受けました。

 

治療を受けて良かったことは(ご本人様)

治療が始まって、思ったよりも痛みがないことに驚きましたが、毎月歯が動いているのを見るのが楽しみでした。矯正を始めて嬉しくなったことはたくさんありますが、中でも特に今まで食べ物を舌ですり潰すか、引きちぎっていたのが、噛み合わせが合うことで、前歯で噛みきれるようになった事がとても嬉しかったです。また、これまで歯を出して笑うことにも抵抗があったのですが、矯正後抵抗がなくなり気が楽になりました。

 

これから治療を受ける方へのアドバイス(ご本人様)

親知らず以外の抜歯をすることに抵抗があったため、抜歯をしなくても済む方法で矯正を行っていただき感謝しています。予想以上に早く矯正器具も取れ、リテーナー生活に移行しましたが、最後まで気を抜くことなく矯正生活を続けていきたいと思います。

治療費用

80万円程度(税込)

矯正治療には以下のようなリスクがあります。

  • ・歯の移動を行う際の痛みが生ずる場合がある。
  • ・ブラッシングが十分行わなかった場合に虫歯ができることがある。
  • ・歯の移動を行うと極めて希に根の吸収が起こることがある。
  • ・矯正用ゴムを指示通り使用しないと計画している歯の動きが得られないことがある。
  • ・装置が粘膜を刺激することで口内炎が起こることがある。
  • ・歯の裏側の装置の場合、装着後数日は発音障害が出ることがある。