大津市在住 男性 T.Sさん 17歳

矯正をして良かった!

顎歯列の幅が狭く犬歯、小臼歯部は交叉咬合となっており小臼歯以前の各歯は嚙み合わず開咬となっていた。上顎歯列の幅は平常時に舌の位置が低いと歯列が内側から舌によって押される力が弱くなるため充分に発育せず狭くなる傾向がある。また、舌の位置が低いことで嚥下時(唾液や食物を飲み込む)に上下の歯の間に舌が介在し、しっかり嚙み合わず開咬となる。このため拡大装置を使用して歯列の拡大処置を行うとともに、開咬の改善とともに拡大した歯列の安定性を高めるため舌が口蓋に十分に挙上できるようにすることを目標に筋機能療法(舌のエクササイズ)をおこなった。歯列の拡大処置が進んだところで上下顎に唇側(表側)マルチブラケット装置に矯正用ゴムを併用して治療を行った。噛み合っていなかった小臼歯以前の各歯がしっかりと噛み合った。

 

動的治療期間は1年9ヶ月間

 

 

治療中大変だったことは(ご本人様)

治療を受けたりして、最初のほうは、矯正装置を付け変えたりするたびに、歯が痛かったり、ゴムを付けていた時は、たまに切れたり、ご飯が食べずらかったりした。

 

治療を受けて良かったことは(ご本人様)

今鏡を見てみたら、矯正前に比べて、歯の並びがキレイになっていて、矯正をして良かったと思う。

治療費用

90万円程度(税込)

矯正治療には以下のようなリスクがあります。

  • ・歯の移動を行う際の痛みが生ずる場合がある。
  • ・ブラッシングが十分行わなかった場合に虫歯ができることがある。
  • ・歯の移動を行うと極めて希に根の吸収が起こることがある。
  • ・矯正用ゴムを指示通り使用しないと計画している歯の動きが得られないことがある。
  • ・装置が粘膜を刺激することで口内炎が起こることがある。
  • ・歯の裏側の装置の場合、装着後数日は発音障害が出ることがある。