Menu

歯列矯正体験談 –Voice−

キレイな歯並びが嬉しいです

K・Mさん 17歳

犬歯の異所萌出のケース。初診時には上顎左側乳犬歯が残り永久犬歯は中切歯(1番目)の根尖(根の先)近くに埋伏していた。このため、歯肉切開、骨削、開窓処置を行うとともに、乳犬歯を抜歯して永久犬歯を牽引した。永久犬歯の根が中切歯根付近に残るように斜めに萠出させることができたので、上下顎唇側(表側)マルチブラケット装置を使用し歯列内に誘導、根の位置も適正な位置へ移動した。動的治療期間は牽引処置を含めると2年6ヶ月間であった。

→

わたしはピアノを専門的に学んでいて、人前で演奏することも多く、顔を見られることも多いので以前の歯並びで人前に出るのは少し気が引けるということもあり、治療を受ける事を決めました。

治療中は食べ物もはさまりやすく歯磨きも大変で早く外れてほしいと思っていましたが、リテーナーに変わって歯並びの整った自分の歯を見ることが出来るようになると長かったけど頑張って良かったと心の底から思います。

治療を受けて良かったことは(ご本人様)

鏡の前に立つといまだに毎回自分の歯を見ながらニヤニヤしてしまうくらい嬉しいです。治療を始める前の記憶がそれほど残っているわけではないのですが、それでもやはりあまり人に歯を見られたくないという思いが強かったように思います。それに比べて今は逆に自分の歯を見て欲しいと思える程になりました。人間の歯は動かし方が良ければこれほどまでにきれいな並びに整えることが出来るんだ、と家族共々驚いております。奥歯がなかなか生えて来ないなどの問題があっても、常に最善策を考えて治療を進めて下さった先生方、いつも優しく話しかけてくださって迅速にそれでいて痛みのほとんどない治療をしてくださった歯科衛生士のお姉さん方皆さんに感謝しています。

器具が外れた今、今後の歯並びをきれいに保てるかどうかは自分自身の頑張りに懸かっているのでまた気合いで乗り越えていこうと思います!笑

 

これから治療を受ける方へのアドバイス(ご本人様)

これから治療を受ける方には、ゴムかけとかをちゃんとしておいたほうが良いことは言っておきたいと思います。あと、ご飯のふりかけはゆかりを食べるとすごく歯にくっついておもしろいことになるのでその後の歯磨きはしっかりした方がいいのと、お寿司とかでタコやイカを食べるときは気を付けて食べないと私の場合、一度器具の一部がはずれるということもありました。