T.Sさん 33歳

矯正は決して損にはならない

治療を受けようとおもった理由は
(ご本人様)

矯正は、歯医者に行く度にすすめられたりしていましたが、いつかできたらいいなと思うだけで、現実的にはお金も時間もかかり、他の事よりも優先順位はかなり低かったと思います。
ところが、体調が悪いときに、友人から顔が歪んでいるのじゃないのか、と言われてから気になり始め、自覚も少しでてきました。調べていくうちに歯並びが原因かもしれないと思い、カウンセリングを受けたことがきっかけです。
最初、矯正は子供がするもの、という先入観があったのですが、先生から「やりたいと思った時に」と伺って、それならば早く初めて早く終わるにこしたことはないと思い、すぐに治療を始めました。
結果1年ぐらいで一通り終わり、振り返るともっと早くやれば良かったと思うばかりです。

治療を受けて良かったことは
(ご本人様)

毎朝鏡の前で歯を磨いて、髪を整えて、出かけることは今までと同じですが、矯正が一通り終わってからは、ちゃんと歯が磨けているかもチェックするようになりました。

矯正後、ハブラシが歯と歯茎に綺麗に当たっていること、ちゃんと機能していることを実感しています。
治療後は食べること、噛むこと、磨くこと、歯を見ることなど、歯に関して意識するようになりました。
健康面からみても歯が関係していることも勉強になっています。
個人的には矯正治療は、自己啓発とか投資に近い感覚を持っています。
仕事面でも人前に出る機会もありますので、決して損にはならず、プラスに働いているのではないかと思います。

矯正治療には以下のようなリスクがあります。

  • ・歯の移動を行う際の痛みが生ずる場合がある。
  • ・ブラッシングが十分行わなかった場合に虫歯ができることがある。
  • ・歯の移動を行うと極めて希に根の吸収が起こることがある。
  • ・矯正用ゴムを指示通り使用しないと計画している歯の動きが得られないことがある。
  • ・装置が粘膜を刺激することで口内炎が起こることがある。
  • ・歯の裏側の装置の場合、装着後数日は発音障害が出ることがある。