2020.11.24 大人の矯正

マウスピース型矯正装置(インビザライン)と口内炎

こんにちは!歯科衛生士の菰口です。

 

マウスピース型矯正装置(インビザライン)はブラケットやワイヤーなどの凹凸のある矯正装置のある治療に比べると、マウスピースで歯が覆われているので口内炎になりにくいです。

ですが、マウスピース型矯正装置(インビザライン)でも口内炎が出来てしまうことがあります。

そこでマウスピース型矯正装置(インビザライン)で口内炎ができることで考えられることと、対策についてお話したいと思います


〇考えられること

 

 

 

 

マウスピース型矯正装置(インビザライン)のマウスピースの辺縁が粘膜に擦れて、そこから口内炎になることがあります。

マウスピースの形によっては尖っている部位もあるため、舌や唇の裏側に口内炎ができやすくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

〇対策

①うがい薬と歯磨き

 

 

 

 

 

 

お口の中が清潔でないと、治ってもまた口内炎が出来てしまいます。

しっかりと歯磨きをして、歯みがきをした後はうがい薬でうがいしましょう!

②口内炎用の薬を使う

 

 

 

 

 

歯磨き、うがい薬でのうがいをしても治らない場合は、市販されている口内炎用のお薬もあるので、使用するのも1つの方法です。

③歯科医師に診てもらう

上記の方法でも改善が見られない場合は、マウスピースの辺縁を調整するなど、状態をみて

医院で対応させていただきます。