2020.08.31 大人の矯正

インビザライン矯正治療の流れ

 

みなさん、こんにちは歯科衛生士の山本です。

 

最近、マウスピース矯正(インビザライン治療)という言葉をよく耳にしませんか?

当院でもインビザライン治療を選択される方がとても多くいらっしゃいます。

 

インビザライン治療とは、従来のワイヤーやブラケット装置を一切使わず、一人一人に合わせた完全オーダーメイドのマウスピース型の矯正装置なのです。

 

 

どのようにして、インビザラインで治療が進められていくのか説明したいと思います。

 

 

インビザライン治療の流れ

Step1  初診相談(60分)

一番初めに、お口の中の写真を撮影し、ご覧いただきながら説明を行います。

医師がお口の中を拝見し、必要な処置・治療プラン・治療期間について説明します。

 

最後にトリートメントコーディネーターから、費用とお支払い方法について説明します。

 

Step2  精密検査(60分)

診断に必要な資料を採らせていただきます。

口腔内写真・レントゲン写真・唾液検査・模型作成にための型採り・顔の写真

必要に応じて、CTを撮ることもあります

※この日にスキャニングすることもあります。

Step3  診断結果報告(60分)

資料を基に医師が分析し、今後の治療方針・費用・期間が決定します。

 

※矯正治療前に、治療が必要な虫歯があった場合治療に行っていただきます

※レントゲンや治療計画により、親知らずの抜歯が必要と診断された場合、治療開始前に抜歯をしていただく場合もあります

 

歯科衛生士と一緒に唾液検査の結果より、お口の体質を知っていただき、生活習慣及び歯みがき指導をさせていただきます。

Step4  クリーニング・口腔内スキャン(60分)

診断結果後、インビザライン用の歯型を採るため、口腔内3Dスキャニング(iTero®)していきます。

 

スキャニングの際に口腔内が歯石や歯垢で汚れていると精密にスキャニング出来ないため必ずお口全体をクリーニングしています。

 

※シミュレーションが出来上がるまでは、約2~3週間程度かかります

Step5  インビザライン矯正シミュレーション(15分)

出来上がったシミュレーション画像を一緒に見ていただきます。

この行程は治療の決め手となる大事な行程になります。

治療期間や治療計画の説明をします。

 

Step6  インビザライン治療開始(30分)

歯型のスキャニングを行うと、治療終了まですべてのマウスピース(アライナー)が作成されます。クリニック来院時に次回まで使用していただくアライナーをお渡しします。

 

取り外しの練習、使用方法、注意事項の説明を行います。

 

1枚のアライナーで2週間使用していただき、2週間後ご自分で次のアライナーに交換していただきます。

 

Step7  アタッチメント・IPR処置(60分)

 

アタッチメント…歯の表面に歯と同じ突起を付けることがあります。歯の動きを助けてくれる非常に重要なものです。

 

治療終了時には外します。

 

IPR…歯の間に隙間を作るために少しだけやすりをかけます。やすりを少しかけることで、健康な歯の抜歯を回避することが出来ます。

 

※アタッチメントやIPRの場所や量は、歯の移動量により患者様ごとに異なります。

 

アライナーは次回来院分のお渡しとなります。

交換日数等は治療の進み具合や、装着状況によって異なります。

 

Step8  定期健診

アライナーを装着した状態で来院していただきます。

  • アライナーとの適合状態(経過を見るためスキャニングすることもあります)
  • アタッチメントの有無
  • 装着時間
  • 口腔内衛生状態

以上のことを確認しています。

 

 

Step9 治療終了・保定

作製したアライナーを最後まで使用した後、かみ合わせの確認やシミュレーション画像と実際の歯の動きを比較します。

 

キレイに並びかみ合わせも良い状態であれば、歯並びが元に戻らないように保定を行います。

この保定の期間は歯が安定するまで維持する期間になり、とても大事な期間になります。

治療が終わりゴールではなく、ずっといい状態で維持していただく為にも、治療後も定期検診をおすすめします。